男性

ボリュームがなくなってきたのなら女性育毛剤を試そう

薄毛を改善するために

困る人

食事と適度な運動をする

薄毛の症状であるAGAは中高年に多い症状ですが、実際には年代にかかわりなく起こる問題です。早ければ20代でも抜け毛が増え、髪の毛が薄くなっていくこともあるので、鏡を見て気になったらすぐに対処することが大切です。AGAの原因は遺伝性またはDHTと呼ばれる男性ホルモンの異常分泌、あるいは毛穴が詰まるなどの頭皮の荒れとなります。遺伝に関してはどうにもならない部分が多いですが、男性ホルモンのDHTの場合はその発生を抑えることで症状を緩和することが可能です。頭皮の荒れは肌に合ったシャンプーを使用したり、乾燥しないよう保湿をすることで抑えることができます。DHTの抑制に効果的なのは食事と適度な運動で、それぞれ意識しながら生活をすることで徐々に改善できます。DHTは亜鉛によって抑えることができるとされ、それを豊富に含む牡蠣や貝類、カツオにからすみといった魚類から多く摂取することができます。また、亜鉛は髪の毛を生成や細胞分裂には欠かせないミネラルなので、育毛のためにも積極的に摂取するようにしましょう。AGAには適度な運動が特に有効とされ、ジョギングなどの有酸素運動を行えば、汗と共に男性ホルモンが排出されます。体内のホルモン量を調節することでAGAの進行を抑えることができるので、毎日少しずつ運動をすると良いでしょう。日中運動することでセロトニンが分泌され、気分が穏やかになりストレスを抑えることもできるので効果的です。